荷物持ちでも構わない

文系大学4年生からデータサイエンティストを目指して頑張りつつ、書きたいことを書きたいときに書きたいだけ書く、ルール無用雑記ブログ。

MENU

「仮想通貨持ってます」は引かれがち

僕は仮想通貨を何種類か持っている。

仮想通貨ってなんぞやという浮世離れした人に説明すると、最近いろんな企業がこぞって広告費をつぎ込んで宣伝しているビットコインや、日本の取引所の「コインチェック」が大規模なハッキングを受けたことでニュースになったネムがこれにあたる。

仮想通貨について説明するときは、数年前に大量のビットコインが取引所から盗まれたと思ったら経営者が横領していたことが発覚したマウントゴックス事件とか、最近のコインチェック事件とか、大体嫌な事件の話をするのが一番理解を得やすい。

2017年は仮想通貨元年と言われていたが、現状はまあそんなものだ。

 

僕は去年とある事情から仮想通貨の世界に触れることになり、8月に初めてビットコインを購入した。

当時は取引所としてはコインチェックを使っていたが、今でこそずさんな管理が露呈して袋叩きにあっているものの、当時としてはアプリの使い勝手がよいことや取り扱っている仮想通貨の種類が多いことからとても人気のある取引所であった。

 

2017年8月というと、仮想通貨界では結構な大事件が起きた時期として有名である。

ビットコインが本来のビットコインとビットコインキャッシュの2つに分裂したのだ。

この辺の説明をしようとすると非常に面倒なので簡単にしておくが、仮想通貨というのはブロックチェーン技術という、「分散管理されていて改ざん不可能だが過去の情報はすべて誰でも閲覧できる透明性を備えた記録システム」を根本としている。

そして、ブロックチェーンはある一定量の情報を「ブロック」として保存し、ブロックを一定時間ごとに生成してチェーン上に繋いでいくことで成り立っている。

 

ビットコインの場合、ブロック1つに保存できる情報は1MBまでと上限が決まっているのだが、ビットコインが普及していくにつれ(当時1枚あたり3〜40万円ほどだった気がする)、1MBでは足りないのでは?という意見が目立つようになってきた。

そこで、ブロックに格納する情報を圧縮することで解決しようとする案と、ブロックの上限を8MBまで拡張することで解決しようとする案の2つが出たものの、この争いが平和に決着することはなかった。

1MBのまま維持する勢力は「ビットコインコア派」の呼ばれる昔からのビットコインの開発陣で、8MBに拡張する勢力はビットコインで非常に儲けている勢力であったために8MBに拡張した方が自分たちの利益として都合が良かったのである。

結局、2017年8月1日付けで、ブロックサイズを1MBのまま維持する本来のビットコインと、ブロックサイズを8MBに拡張した新しいビットコインの「ビットコインキャッシュ」の2つに分裂することになった。

この分裂というのが、当時の新聞などでも記者の理解が足りていなかったようでめちゃくちゃな説明がされていたのだが、ビットコインが半分になったわけではなく、ビットコインのコピーとしてビットコインキャッシュが生まれたイメージである。

ビットコインキャッシュ側はあくまで、「我々はビットコインではなく、従来のビットコインが真のビットコインである」という立場であった。

 

そして、分裂が起きた時点でビットコインを保有している人には、同数のビットコインキャッシュが付与されることが発表された。

例えば、ビットコインを10枚持っている人は、無条件にビットコインキャッシュ10枚が付与されるという仕組みである。

この発表は当時非常に混乱を引き起こし、「ビットコインとビットコインキャッシュ両方に価値がなくなるのでは?」「ビットコインキャッシュがビットコインに成り代わってしまうのでは?」「ただでビットコインキャッシュが手に入るなら資産を増やせるのでは?」と様々な意見が交錯していた。

ビットコインの価格は40万円台から23万円ぐらいまで下落し、ついに分裂の日を迎える。

 

結果として、分裂による資産の増加を狙った人が大儲けすることとなった。

無条件に付与されたビットコインキャッシュには約3万円の価値がついたのである。

当時のビットコイン価値が30万円台だったので、約1割の価値がついたことになる。

 

僕が初めてビットコインを買ったのはこの騒動の2週間ほどあとで、その頃にはビットコインは49万円ほどまで高騰していた。

知識もないのにひたすら知らない仮想通貨のトレードを繰り返し、原資を数日で半分にしたのはまた別の話である。

 その後定期的に増資を繰り返し、去年の12月には原資の2.7倍ほどまで増えたが、上がった価格は下がるもので、例のコインチェックのハッキング事件も重なり、含み益が完全に吹き飛ぶことになった。

原資とトントンになった状態で一部を日本円に戻し、今はただ長期ホールドでおとなしく値上がりを待っている。

 

 仮想通貨とは何かとか、儲かるのかとか、そういう話はその辺のアフィリエイトサイトの方が詳しいと思うのでここではしないが、一応投機ではなく投資感覚で持っている。

正直ビットコインが普及するとは全く思っていないが、仮想通貨の価値の本質は仮想通貨の土台を担うブロックチェーン技術にあると僕は思う。

ブロックチェーン技術の未来を信じて投資している形である。

しかし、絶対に曲げない信念として持っているのは、僕は絶対に周りに仮想通貨への投資を勧めないことにしている。

投資がしたいなら株式や債券でも買ったほうがいい。仮想通貨は法整備も未熟だし、仮想通貨で億万長者になった人もいれば先のハッキング事件で資産の大部分を失った人もいるようにほとんどギャンブルだ。

僕が仮想通貨を持っていることは公言しているのでたまに知人に始め方などを聞かれるし、そのときは教えるが、やはり失ってもいい金額で始めるのがいいと思う。

タイトルにもあるとおり、世間の仮想通貨に対する意識はまだまだ否定的なのが現状だし、僕も懐疑的だ。

その答えが出るのは数年先になると思うので、まあ多少でもお小遣いが増えたらいいなあという感覚で握り込んでいる。

 

レンズが買えるぐらい儲かれば万々歳、価値が0になればそのまま心中だ。

投資なんて結局そんなもんだと思うし、仮想通貨の信用なんてそんなもんだ。

ただ、ブロックチェーンは確実に世界を変えると思う。

その変化の大きさはわからないが、少なくとも無視できないレベルの爪痕は残すと僕は信じている。

果たしてその結果が出るまで僕の仮想通貨が盗まれずに残っていればよいのだが。