荷物持ちでも構わない

文系大学4年生からデータサイエンティストを目指して頑張りつつ、書きたいことを書きたいときに書きたいだけ書く、ルール無用雑記ブログ。

MENU

憧れのあの曲を歌ってみたい

僕は歌が下手だ。

歌が下手だが、音痴ではない。

相対音感はそれなりにあるし、音程もそれなりに取れるのだが、発声が致命的に下手なのである。

元々地声が低く、かつあまり声を発さないので声帯が鍛えられていないというのも原因だとは思うのだが、思ったように声を出すことができない。

音域で言うと、地声がlowE〜mid2Fぐらいで、裏声に至っては歌と呼べるレベルに達していない。

音域で言われてもわかんねーよって人が大半だと思うので参考程度に伝えておくと、この音域では男性歌手の曲でも95%は高音が足りていない。

BOΦWYとかならギリギリ歌えるかどうかといったところである。

そのため、カラオケで原曲キーで歌うことはまず無く、キーをいじるか1オクターブ下で歌うことになる。

 

一応練習を試みたことはあって、高校生の頃に数カ月間ほど、週に1〜2回のペースでカラオケに通って1時間歌ってみたりとか、ボイトレのサイトを参考に真似して発声してみたりしていた時期はあったのだが、特に効果は出なかった。

練習の量が足りていないのか、練習のしかたが悪いのか、恐らく両方だとは思うが、練習したあとも相変わらず僕は歌が下手なのだ。

加えて、いつかの記事でも書いたけれども、僕の音楽の趣味はだいたい周りとズレているので、周りが歌う曲は知らないし、僕が歌う曲は誰も知らないために微妙な空気になることは避けられない。

そんな感じなので、カラオケに誘われても断るようになり、ここ2年ほどカラオケに行っていなかった。

 

しかし、つい先日、サークルの友人3人とカラオケに行って、ほんの5曲ほど歌ったら結構楽しかった。

もちろんその間歌の練習はしていないので下手なままだし、選曲も全く合っていないのだが、その会はたまたま全員選曲がバラバラなカラオケだったので居心地がよく、普通に好きな曲を歌っていた。

毎回キーをいじりながら。

 

 で、久しぶりにカラオケに行ったら楽しかった旨をツイートしたらそこに目をつけられてまたカラオケに誘われた。

2人で2時間、今回もひたすら各自バラバラに好きな曲を歌っていたのだが、休憩無しで1曲交代だったのでお互い終わったときには疲労困憊であった。

カロリーも相当消費されたことと思う。

僕が歌った曲は、SURFACE、CIVILIAN、the pillowsだけで全部片付いていた気がする。

もちろんどれも原曲キーでは歌えないため、キーを3〜5上げて1オクターブ下げて歌うという裏技で対応している。

 

一般的な特にボイトレをしていない人の地声の音域は大体2オクターブらしく、僕は既に2オクターブは出せるので、ただこれを上に広げられればいいだけの話なのだが、それが難しい。

というか、裏声を歌に使えるレベルまで持っていけばいいだけのごくごく単純な話で、恐らくこれは基礎トレをコツコツやる以外に対処法が無い。

せめて一般的な男性歌手の曲ぐらいは原曲キーで歌えるようになりたいものだが、僕の性格上基礎トレのような地道な活動はまず続けられないので、いつになるやらわからない。

キーを下げて歌っても楽しいは楽しいので別に構わないのだが、やはり高音も出せた方が気持ちよく歌えるだろうし、何よりかっこいいので、いつの日か気が向いたら基礎トレにも挑戦したいところである。

SURFACEの曲を全部原曲キーで歌おうと思ったらたぶんhiEあたりまで出れば足りるので、裏声を1オクターブ分鍛えればいいだけの話だ。

……さて、何年かかるかな。