荷物持ちでも構わない

文系大学4年生からデータサイエンティストを目指して頑張りつつ、書きたいことを書きたいときに書きたいだけ書く、ルール無用雑記ブログ。

MENU

就職のための引っ越しは業者と友達のどっちに頼むべきなのか問題

あと8ヶ月もしたら大学を卒業することになるので、引っ越しを考えなくてはいけない。

僕は今千葉県に住んでいるのだが、会社(内定先&現在のバイト先)は都心にあるので、今の家から通うのが不可能というわけではないものの、さすがに通勤時間が長いのはつらいので会社の近くに引っ越したい。

そういうわけで、今回は就職に伴う引っ越しについての話題。

 

目次

 

引っ越しで絶対死守したい条件3つ

僕の引っ越し先の条件として、絶対に死守したいと考えている条件が、

  1. 通勤で電車に乗る時間が片道30分以内
  2. 乗り換えは0回または1回
  3. 家賃7万円前後

という3つ。

1.通勤で電車に乗る時間が片道30分以内

これは、現在の僕の通勤時間が1時間を超えていることから来ている。

家から最寄り駅までが15分、電車に乗っている時間が1時間、会社の最寄駅から会社までが10分弱。

僕は「タイムオーバーマネー(時間は金より貴重)」を信条としているので、この無駄すぎる通勤時間を何とかしたい。

というわけで、せめて現在の半分以下にはしたいという意味での30分である。

ちなみに家から最寄り駅までは徒歩で15分なのだが、この時間に関しては自転車に乗ればいいだけなのでそこまで重視していない。徒歩で10分以内にできれば言うことなしではあるのだが。

2.乗り換えは0回または1回

これも現在の通勤状況から来ていて、今が家から会社まで乗り換え1回なので、1回までなら許容できるという意味での1回である。

乗り換え不要で一本で行けるのが一番楽なのはもちろんそうなのだが、僕は乗り換えをそこまで面倒に感じていない(駅の構造にもよるが)ので、まあ1回ぐらいならいいだろうという考え。

あと乗り換えなしと乗り換え1回じゃ選択肢の幅が全然違うと思うし。

3.家賃7万円前後

隠しても話が進まないので言ってしまうと、僕が今の会社で正社員になったときの初任給は、額面で24万円弱らしい。

営業手当とか地方手当とかがついているわけではないし、残業ほぼ0の会社なので、新卒にしてはなかなか高い方だと思っているのだが、残念なことに家賃補助が一切ない。

そのため、24万弱、手取りにして19万円ぐらい?から家賃をやりくりしなくてはならない。

そして、僕がネットで調べた知識によると、社会人一人暮らしの家賃は手取りの3分の1程度に抑えるのがよいらしい。

その法則にしたがうと、家賃は63,000円程度に抑えなければならない。

そして僕調べによると、都内で家賃相場が63,000円程度の土地というのは、葛西、三鷹、新小岩、成城学園前、西河原、阿佐ヶ谷……あたり。

なんだかよくわからないが、不便そうな土地のオンパレードである。

会社までの所要時間を書いてしまうと身バレが怖いので書かないけれども、たぶんどこもあまり近くはないと思う。

そういうわけなので、家賃だけは少し贅沢して7万円ぐらいまで予算を上げてやろうかなと考えている。

やっぱり自分が一番落ち着ける場所だし、特に僕は騒音に対する耐性が人より弱いので、できるだけいい家に住みたいところだ。

ちなみに7万円まで予算を上げるとどのあたりになるかというと、中野、護国寺、板橋、武蔵小杉、赤羽……などなど。

月7000円上げるだけでだいぶ住みやすそうな雰囲気になってくるし、やはり家賃7万というのは割と妥当なラインなんじゃないだろうか。

 

他の社員と同じ最寄り駅に住むのはなるべく避けたい

完全にコミュ障キモオタクの思考だが、他の社員と同じ最寄り駅には住みたくない。

だって、どう考えてもめんどくさいじゃないか。

社員の人たちは嫌いじゃないし、むしろ好きだし、個人的に飲み会に行くぐらいには仲がいいけれども、通勤で鉢合わせたりだとか、家が近いからという理由で夜に呼び出されたりとか、そういうリスクを考えると絶対に最寄り駅は外したい。

よく考えたらこれも絶対に外せない条件なので絶対に死守したい条件は4つだったが、細かいことは気にしないことにする。

 

ここまで挙げた4つの条件を考えると、かなり候補地が絞られる気がするので、早めに確定して手を打っておかないと部屋が埋まって路頭に迷ってしまいそうだ。

大学の卒業式が2月?3月?かよくわからないが、遅くともそれまでには不動産屋に行って部屋を押さえておかないとまずいだろう。

できれば年内には候補地を確定して、年明け頃から内見に回るぐらいのペースで行きたい。

引っ越しは業者に頼むか友達に頼むか問題

最後にもう1つ問題となるのが、荷物の運送を誰に頼むべきかということだ。

普通なら業者に頼むところだが、一人暮らしなのでレンタカーで軽トラを借りて自分で運送する方が確実に安上がりではあるだろう。

しかしここでネックとなるのが、残念ながら僕はペーパードライバー歴3年で教習所を出てから一度もハンドルを握っていないということである。

ちなみに誕生日が8月13日なので、そろそろ更新に行かなきゃいけない。

というわけで、もし軽トラを使うなら友達に頼むことになる。

昨年末に実家を出て一人暮らしを始めた友達の引っ越しを手伝ったので(助手席に乗って荷物を運んだだけだが)、その友達が手伝ってくれないかなーと少しだけ期待している。

というか、その友達しか頼れる相手がいないので、断られたら業者に頼むしかない。

可能なら、軽トラで引っ越しを手伝ってもらって、その分浮いたお金をバイト代として渡すなりおいしいものでも食べに行くなりするというのが一番幸福度が高い気がするのだが、予定は未定である。

ちなみに実家を出て今の家に引っ越したときは、最低限の荷物だけ親の車で運送して、あとはこっちに来てから買いそろえたので、引っ越し業者の勝手が全くわかっていない。

そんな感じなので、引っ越し先の選定と合わせて、引っ越しの方法もちゃんと調べて決めておこうと思う。

まとめ

ふと引っ越しについて考える機会があったので見切り発車気味に書き始めたら、かなりまとまりのない記事になってしまった。

一応上げておこうとは思うが、いったい誰が読むんだろうこの記事。

とりあえず、引っ越しについては年内に勉強しておきます。おわり。