荷物持ちでも構わない

文系大学4年生からデータサイエンティストを目指して頑張りつつ、書きたいことを書きたいときに書きたいだけ書く、ルール無用雑記ブログ。

MENU

ブロガーにおすすめ?スケジュールアプリ"TimeTree"の少し変な使い方

今日は僕がスケジュール管理に使っているアプリのご紹介。

僕はスマホとタブレットにスケジュール管理アプリを入れて手帳代わりにしているのだが、

かつては「ジョルテ」というアプリを使っていたところ、つい最近「TimeTree」というアプリに乗り換えたので、この2つを比較しつつ、TimeTreeのおすすめポイントを紹介していきたい。

アプリではなく紙の手帳でスケジュール管理していた学生時代

大学に入ってからは「社会人になったらスケジュールは紙の手帳で管理するのが当たり前!スマホで管理してたら怒られる!」と思って、

いつかやってくる社会人生活に備え、「天体観測手帳」という手帳を使ってスケジュールを管理していた。

普通のカレンダーに加えて、その時期見える星座だったり月齢だったり天体のイベントだったりが載っている優れものである。

見た目にもおしゃれなのでかなりオススメの手帳である。

天体観測手帳2018

天体観測手帳2018

 
天体観測手帳2019

天体観測手帳2019

 

就職先の社風に合わせ、手帳からアプリへ

が、今のバイト先のベンチャー企業に就職が決まってからは、内勤なので取引先と顔を合わせることもないし、

会社の歴史が短い分、社風としてスケジュール管理にデバイスを使うことに文句を言われることもないので、手帳を使うのをやめてアプリで管理することにした。

クラウドで同期・共有できる無料のスケジュール管理アプリ

僕はスマホ(Xperia)とタブレット(Kindle Fire)を持ち歩いていて、特に仕事のときにはタブレットを手帳代わりに使っていることが多いので、クラウドを使って複数の端末で同じカレンダーを同期・共有できるスケジュール管理アプリが必要だった。

ジョルテ:クラウドで共有できる無料スケジュールアプリその1

そこでまず最初に使い始めたのが「ジョルテ」という無料アプリ。

www.jorte.com

Android、iOSの両方に対応しているだけでなく、AmazonのFire OSにも対応している。

広告で見覚えがあったのか、検索してたまたま見つけたのかは覚えていないが、なんとなくよさそうだなと思って使い始めたのが最初。

僕の場合、普段肌身離さず持ち歩いているスマホ(Android)と、手帳代わりにも使っているタブレット(Kindle Fire 7)の両方でスケジュールを共有して管理できるところに魅力を感じて使い始めた。

複数端末でクラウド管理できるというのは実際便利で、UIもシンプルで使いやすく、特に不満なく使えていたと思う。

僕は使わなかったけれども、「ジョルテプレミアム」という有料の機能を利用することで、

デザインをカスタマイズしたり、カレンダーを複数使い分けたり、OfficeやEvernoteと同期することもできるらしい。

僕のようにスマホとタブレットを使い分けている人にとってはかなり使い勝手がよくおすすめのスケジュール管理アプリだと思う。

もちろん、複数端末で共有せずにスマホだけで使うというのもアリだろう。

TimeTree(タイムツリー):クラウドで共有できる無料スケジュールアプリその2

つい最近になって、ジョルテから乗り換えたのが、TimeTree(タイムツリー)というアプリ。

timetreeapp.com

AndroidとiOSに対応している無料アプリである。

これもジョルテと同じく、クラウドを使って複数の端末でスケジュールを同期・共有できるところが優れたポイント。

ではなぜ乗り換えたのかというと、TimeTreeは無料で複数のカレンダーを使い分けられるのである。

ジョルテの場合、複数のカレンダーを使い分けるためには年間480円の有料コースに入らなければならないのだ。

まあ年間480円なんてほとんど0に近似できるので、別にお金払ってジョルテを使い続けてもよかったのだが、無料で使えるならその方がいいに決まっている。

そして、ジョルテはどちらかというと一人で使うか、ビジネス向けの用途に使うようなデザインになっていたのに対し、

TimeTreeはカップルや家族でスケジュールを共有することを目的とされているため、デザインがおしゃれでかわいいのだ。

そんな理由で、TimeTreeに乗り換えた。

ちなみに、実際のデザインとしてはこんな感じ↓ シンプルでかわいい感じになっている。

f:id:messyer813:20180805134540p:plain
f:id:messyer813:20180805134552p:plain

ブロガーにオススメしたい、TimeTree(タイムツリー)のちょっと変わった使い方

で、ここでようやくタイトルにもなっている本題なのだが、僕はこのTimeTreeをブログ運営のためのツールとして使っている。

というか、上の画像でも見えてしまっているが、ブログに投稿する記事のスケジュールをTimeTreeで管理しているのだ。

具体的にはこういう感じ↓

f:id:messyer813:20180805135108p:plain

ブログに投稿する記事の内容とタイトルを予め考えておいて、それをいつ投稿するのかを決めてウィークリーカレンダーに書いておくのである。

これをしておくことで、当日になってから「今日は何を書こうかな」と考える時間を削減することができ、またタイトルもちゃんと文字数やキーワードを考えつつ決めておくことでブログ執筆を効率化することができるのだ。

ブロガーならではのライフハックというわけである。

まああくまでも予定は未定なので、書く記事の内容自体が変わったり、タイトルが変わったりということはありえるし、実際この記事もTimeTreeに書いておいたものとはタイトルが変わっているけども、確かに効率化は図れている。はず。

日記ブログでこのやり方をすると未来日記みたいで変な感じになってしまうが、このブログは日記ではないのでこれでいいのだ。

ちなみに、効率化できていると言いつつ、僕のブログスケジュールは明日までしか埋まっていない。

明後日以降に何の記事を書くかは完全に白紙である。

果たして本当に効率化できているのか?そしてこのやり方、TimeTreeでやる必要はあるのか?

問題は山積みだが、普通のスケジュール管理アプリとしてもTimeTreeは便利だしおしゃれなので、ぜひおすすめしたい。

まとめ

クラウドを使ってスケジュールを同期・共有できるオススメ無料アプリとして、ジョルテとTimeTreeの2つを紹介した。

僕はTimeTreeの方が(主にデザインが)好きだけども、ジョルテの方が肌に合うという人もいるだろうし、使い方によってはジョルテの有料版がかなり便利だという人もいるかもしれない。

使い方や好みによって変わってくるので、どちらがいいということはなく、どちらも使ってみて気に入った方を選べばいいんじゃないかなと思う。

とりあえず僕は、明後日以降が真っ白なブログスケジュールを埋めるために記事に書くネタをこれから考えるつもりである。

この記事を読んでくれたブロガーの人は、ぜひこのブログ執筆を効率化するためのライフハックを試してみてほしい。