荷物持ちでも構わない

文系大学4年生からデータサイエンティストを目指して頑張りつつ、書きたいことを書きたいときに書きたいだけ書く、ルール無用雑記ブログ。

MENU

ゼロから始めて2ヶ月でPythonマスターを目指そうと思う【CODEPREP】

最近ツイッターで知ったのだが、「CODEPREP」という有料のプログラミング学習サイトが、ビジネス上の理由でサービスを終了したらしい。

codeprep.jp

が、サービスを続けてほしいという声が多かったために、9月末までサービスを無料解放しているというのだ。

乗るしかない。このビッグウェーブに。

というわけで、今回はこのCODEPREP無料解放にあやかろうという記事。

そもそもCODEPREPとはどんなサイトなのか

CODEPREPとは、自分で手を動かしてコードを書きながらプログラミング言語を学べるサイトである。

f:id:messyer813:20180808111731p:plain

こんな感じで、各言語ごとに、基本操作から始まりだんだんとステップアップしていく形で学習していけるようになっている。

f:id:messyer813:20180808111918p:plain

対応言語は全部で11種類。

僕が唯一書けるR言語には対応していなかったが、HTMLやJavaScriptなんかは用意されている教材の数も多くかなり充実している。

f:id:messyer813:20180808112326p:plain

実際の学習画面としてはこんな感じ。

これはHTMLの一番最初の教材だが、用意されたコードに穴埋めで入力していく形で、自分が入力したコードがどう反映されるのかをプレビューで見ながら学習を進めていくことができる。

教材一つ一つは30分以内で学べるような短い構成になっているので、忙しい社会人でも勉強しやすい作りになっていると思う。

ゼロから2ヶ月でPythonをマスターしよう

諸事情により、Pythonを使えるようにならないと将来困るということが昨日発覚してしまったので、急遽Pythonの勉強をCODEPREPを使って始めようと思う。

しかし、CODEPREPのタイムリミットは9月末。

そして統計検定2級合格の目標も9月末。

完全にタイミングが悪い。

もちろん、優先順位としては統計検定の方が上なのだが、どうにか空いた時間を使って少しずつでもPythonを使えるようになりたいと考えている。

CODEPREP側としては、9月末以降も無料解放を続けるか、それとも有料で再開するか、完全にサービス終了するかを社内で検討中らしいので、有料で再開となったらお金を払ってでもPythonをマスターする覚悟である。

どうして急にPythonが必要になったかという話はまた追々いつか記事に起こそうと思う。

統計検定の勉強しつつ、Pythonの勉強しつつ、論文読みつつ、研究しつつ、バイトもしつつ……夏休みとは一体何なのか。

というか本来は論文の読み込みが最優先であるべきなので、今の時点で既に優先順位がおかしいのだが、まあがんばろうと思う。

明後日からしばらく帰省で実家にいるので、実家で犬と戯れつつ統計だのPythonだのを勉強する生活の始まりだ。

果たして僕のメンタルとやる気は耐えられるのか。過酷な挑戦がこれから始まる。