荷物持ちでも構わない

文系大学4年生からデータサイエンティストを目指して頑張りつつ、書きたいことを書きたいときに書きたいだけ書く、ルール無用雑記ブログ。

MENU

軽い!速い!新生ブラウザVivaldiが2.0になったのでオススメしたい

僕はパソコンでブラウジングをするときは必ずVivaldiというブラウザを使っている。

Operaから派生する形で誕生した、圧倒的に軽くて動作が速い新生ブラウザである。

と、いう紹介記事を以前書いたのだが、このVivaldiが先日ついにアップデートされ、バージョン2.0が公開された。

ということで、Vivaldiのアップデートの感想を交えつつ、再度このVivaldiというブラウザのすばらしさを世の中に知らしめるため、宣伝記事を書いていきたい。

Vivaldi初の大型アップデート!

Vivaldiの公式ブログによると、

2018年4月発表の1.15以来、5ヶ月振りメジャーアップデートであり、
2016年4月発表の1.0以来、この2年間で初めて一の位の数字を上げた、
Vivaldi初の大型アップデートです!!

とのこと。

jp.vivaldi.net

僕がVivaldiを使い始めたのがいつだったかは定かではないが、少なくともバージョン1.0が登場する前のベータ版から使っていたはずなので、ついに2.0まで来たかと考えると感慨深いものがある。

周りがみなChromeだのSafariだのEdgeだのを使っている中、誰も知らないマイナーなブラウザであるVivaldiとともに歩み続けてきたので、僕はもはやVivaldiなしではブラウジングができない身体にされてしまっている。

という古参自慢はこの辺にしておいて、Vivaldi2.0が公開されたことで具体的にどんなことができるようになったのかを詳しく見ていこうと思う。

Vivaldi2.0についに「同期機能」が追加!!!!

Vivaldi2.0の目玉は、公式ブログでも取り上げられている通り、やはり「同期機能」の実装だろう。

Vivaldiにログインすることで、別の端末からでもブックマークや設定などを共有して使うことができる。

Chromeがとうの昔に実装していた機能を、Vivaldiもついに手に入れたのだ。

これでスマホでブラウジングするときもパソコン版Vivaldiのブックマークなどを引き継いで使用できる。

ただ、問題なのはスマホ版Vivaldiがリリースされていないことである。

つまり、同期したところでパソコン同士でしか同期機能の利点を活かすことができない。

スマホ向けVivaldiの登場を待ちたいところである。

その他、細かい設定やデザインなどの調整がいろいろ

Vivaldi2.0の一番の目玉は同期機能の追加なのだが、今のところあまり活かせる場面がないという残念な状態である。

その他、細かい調整がいろいろと入っているが、詳しくは上でリンクを貼った公式ブログの記事を参照してほしい。

ちなみに、Vivaldiのデザインの特徴である「カメレオンカラー」の適用範囲が2.0から変わっており、今まではメニューバーの一部の色がサイトに合わせて変わるだけだったのだが、

2.0のデフォルトの設定では色が変わる範囲が拡大しており、ブラウザ全体がサイトに合わせて色を変えるようになっている。

僕はこの変更が気に食わなかったので今までの設定に戻したが、まあこの辺は好みだと思うので、新しいVivaldiのカメレオンカラーの方が好きという人もいるだろう。

Vivaldiを使ったことがない人も、この2.0公開の機会にぜひ一度試してみてほしい。

まとめ

愛用するブラウザVivaldiがついに2.0になって同期機能が追加されたぞ!!という話。

が、昔から使っているユーザーにとってはそこまで大きな変化も感じられず、唯一大きく変わったデザインも昔のやつに戻してしまったので、僕の個人的な感想では、何も変わっていないという印象である。

ただ、圧倒的に軽くて速くておしゃれという強みは変わっていないので、ブラウザに特にこだわりがない人、パソコンのスペック不足で困っている人は、一度Vivaldiを試してみてほしい。

快適なブラウジングを実現できるはずである。

古参ユーザーである僕はスマホ版Vivaldiのリリースを期待したい。

vivaldi.com