荷物持ちでも構わない

文系大学4年生からデータサイエンティストを目指して頑張りつつ、書きたいことを書きたいときに書きたいだけ書く、ルール無用雑記ブログ。

MENU

【雑記ブログでもOK】SEO対策とは?初心者にもわかるSEOの基本と正解

ブログをやっている人なら、「SEO対策」という言葉を一度は聞いたことがあるんじゃないかと思う。

しかし、SEO対策とは何なのか、具体的な方法として何をすればいいのか、自分のブログでもできるのか、などなど、SEO対策について全くわからないという人も多いと思う。

僕はアルバイトでデジタルマーケティングの仕事に携わっており、SEO対策について、普通の人よりはちょっと詳しいので、「SEO対策とは?」という基本的な疑問に答える解説記事を書いていこうと思う。

もちろん、このブログのような雑記ブログでもOK。

僕自身、仕事で多少かじっているだけで専門的にSEO対策をやっているわけではないので、初心者向けに基本的なことだけ書いていく所存である。

そもそも、SEO対策とは?

まず、「SEO対策」の「SEO」とは何なのか。

これは、「Search Engine Optimization」の略で、日本語で言うと、「検索エンジン最適化」という意味になる。

ざっくり言うと、「ユーザーが検索したときに自分のサイトが上位に表示されるようにする施策」のことを、「SEO対策」という。

「SEO対策=Google対策」?検索エンジンのシェアについて

そして、日本で使われている検索エンジンのシェアは、1位がGoogleで、2位がYahoo!、大きく遅れて3位がBingとなっている。*1

しかし、Yahoo!の検索エンジンの中身は結局Googleと同じものを使っているので、「SEO対策」=「Google対策」と考えてもらって問題ない。

つまり、さっきのSEO対策の定義を言い換えると、「ユーザーがGoogleで検索したときに自分のサイトが上位に表示されるようにする施策」のことを、「SEO対策」という。

SEO対策の本当の正解を知っているのはGoogleだけ

上の見出しで、「SEO対策」=「Google対策」と定義した。

しかし、Googleの検索エンジンのアルゴリズムは日々変化を続けており、どういったサイト・記事が上位に表示されるのか、上位に表示されるために重視されているポイントは何なのか、と言ったSEO対策の正解ともいえる部分については完全に非公開となっている。

Googleの検索結果で上位に表示されるための方法は、Googleしか知らないというわけである。

そのため、SEO対策についての解説をまとめている書籍やサイトも、全ては経験と憶測でしかなく、そこに書かれていることが本当に正しいのかどうかはわからないし、ある書籍で書かれていたSEO対策の方法が、別の書籍ではNGとされている、なんてこともよくある。

SEO対策の本当の正解は誰にもわからないのだ。

SEO対策の基本は「有益な情報を、素早く、確実に届けること」

Googleが唯一(?)公開しているのは、「Googleが掲げる10の事実」というGoogleの企業理念のようなものだけである。

この内容をざっと見てみると、Googleは、「ユーザーが求めている情報を、素早く、確実に得ることができる」ということを良しとしていることがわかる。

SEO対策については書籍やサイトの間でも意見が分かれているという話をしたが、この「Googleが掲げる10の事実」だけは確実に正しいと言えるので、「有益な情報を、素早く、確実に届けること」こそが、SEO対策の基本であり最も大切なことであるというのはほぼ間違いないと言われている。

つまり、

  1. 検索キーワードにマッチしたタイトル・内容
  2. ユーザーのニーズを満たす良質なコンテンツ
  3. ユーザーが求める情報に素早くアクセスできるサイト構造

この3つが、SEO対策の基本であり全てであると言える。

小手先のテクニックよりも、この3つの基本を満たすことこそが、SEO対策の最良の方法なのである。

SEO対策は「ユーザー」と「クローラー」の2つに届けることが大切

上の見出しで書いた、SEO対策の3つの基本は、全て「ユーザー目線」で考えたものだ。

しかし、Googleの検索エンジンは、Googleが開発しているウェブサイト巡回ロボット、通称「クローラー」がリンクを辿りながら各ウェブサイトのページを巡回することで、Googleのデータベースにページを記録(インデックス)していき、その結果として検索したときに表示される仕組みになっている。

この「クローラー」、大変優秀なロボットなので、言語をかなりの精度で理解して評価をつけているのだが、とはいえあくまでもロボットなので、人間と同じレベルで言語を理解することはできない。

そのため、SEO対策をする場合には、クローラーが理解しやすいように文章の書き方を工夫する必要がある。

具体的には、上位に表示させたい検索キーワードをタイトルや見出しに盛り込んだり、本文中で多用することで、クローラーにとってわかりやすいようにアピールする必要があるのだが、この辺は説明すると長くなるので次回以降に回すことにする。

上述の通り、クローラーは大変優秀なので、人間にとって有益なコンテンツを発信していれば、特にクローラーに対してアピールしなくても、勝手に理解して評価してくれる。

なので、あくまでも基本はユーザー目線で。

雑記ブログは特化ブログと比べるとSEO対策ではやや不利

このブログのような雑記ブログ(ジャンルを限定せずいろいろなことを書くブログ)は、特化ブログと比べると、SEO対策という面ではやや不利だと言われている。

それはなぜかというと、一つのジャンルあたりの記事数が少なくなり、Googleから「情報が多い有益なサイト」として評価されにくいからである。

特定のジャンルに絞ってそのジャンルの記事をたくさん公開している特化ブログであれば、関連記事がたくさん蓄積されていくので、その分Googleからの評価も上がりやすく、検索で上位に表示されやすくなる。

雑記ブログでもSEO対策で検索の上位に表示させることは可能!

しかし、雑記ブログではSEO対策ができないのかというとそんなことはない。

ユーザーにとって有益で、クローラーにとってわかりやすいコンテンツを作るように心がければ、雑記ブログでもSEO対策で成果を出すことはできる。

具体例を提示しよう。

f:id:messyer813:20181006114256p:plain

この画像は、Googleで「統計検定 就職」と検索したときの検索結果である。

一番上にはGoogle広告によるリスティング広告が表示されているので2番目になってしまっているが、純粋な掲載順位では1位のところに、僕のブログの記事が表示されている。

タイトルを見ればわかるように、7月に書いた統計検定2級についての記事である。

この記事は長らくこの「統計検定 就職」や他のキーワードでの検索結果で1位ないし上位に居座り続けており、安定的に検索流入を稼いでくれている。

7月14日の投稿という比較的最近の記事ではあるが、2月13日に開設されたこのブログで総PVの約11%を稼いでいる、このブログの一番の稼ぎ頭である。

資格についての記事なので、就活を控えた大学生が、「統計検定を取ったら就職で有利になるんだろうか?」と考えて「統計検定 就職」のキーワードで検索をかける、というニーズが一定数あることは想像に難くないだろう。

そのニーズをうまく拾って掲載順位1位を獲得できているのがこの記事というわけだ。

そのため、雑記ブログは特化ブログと比べてSEO対策では不利であることは否めないが、雑記ブログでもきちんと検索ニーズに合わせた良質なコンテンツを提供できれば、SEO対策で成果を出すことはできるのである。

まとめ

「SEO対策についての記事を書いてほしい」とのリクエストをいただいたので、とりあえず初回としてざっくりとSEO対策とは何か、という基本の部分について触れてみた。

この記事自体も結構SEO対策を考えて書いているのだが、「SEO対策」というキーワードで出てくるサイト自体、SEO対策がバッチリ施されているサイトばかりなので、さすがにこの記事で検索上位を狙うことは難しそうである。

今回は本当に基本的な部分にしか触れていないので、記事の書き方だとか、サイトの作り方といった具体的な方法論については、また次回以降に書いていこうと思う。

というわけで、次回をお楽しみに。