荷物持ちでも構わない

文系大学4年生からデータサイエンティストを目指して頑張りつつ、書きたいことを書きたいときに書きたいだけ書く、ルール無用雑記ブログ。

MENU

【初心者向け】SEO対策に効果があるはてなブログ向けカスタマイズ

前回、前々回に引き続き、SEO対策シリーズ3記事目。

第1回ではSEO対策の意味と基本について、

第2回ではブログでSEO対策をする場合の記事の書き方について解説してきた。

第3回となる今回は、ブログ全体をSEO対策に強いウェブサイトにするためのカスタマイズについて解説する。

僕が使っているこのブログがはてなブログなので、はてなブログ向けの解説が中心になるが、基本となるルールは同じなので、ワードプレス等の他のブログサービスでも同じことが言える。

というわけで、本題へどうぞ。

ブログ全体にSEO対策を施すためのカスタマイズ

 SEO対策に強いブログにするためには、記事の書き方に注意するだけでなく、ブログ全体の内部構造にも気を配る必要がある。

そこで、誰でも簡単に出来て、かつSEO対策に効果があるカスタマイズ施策をいくつか紹介していく。

僕はHTMLやCSSやJavaScriptが書けないので、その辺の知識が必要になるカスタマイズは、適宜参考になる記事を紹介しながら解説を進めていくので、実践するときにはそちらの参考記事も参照しつつやってみてほしい。

SEO対策のためのブログカスタマイズ①パンくずリスト

まず1つ目が、パンくずリストと呼ばれるもの。

具体的にどういうものかというと、このブログでも作っているが、これ↓のこと。

 

f:id:messyer813:20181011120110p:plain

はてなブログでは、管理画面から、

デザイン→カスタマイズ→記事→パンくずリスト と移動し、

記事ページにパンくずリストを表示する」にチェックを入れると表示することができる。

このパンくずリスト、何がSEO対策に良いのかというと、まずユーザーにとって、ブログのサイト構造がわかりやすく、今自分がどの階層のページを見ているのかが一目でわかるためユーザビリティが上がる。

しかし、パンくずリストの効果はユーザーよりもむしろクローラーに向けたものの方が強い。

パンくずリストを表示する設定にすると、ブログのあらゆる記事ページにパンくずリストが表示されるようになる。

するとどうなるかというと、あらゆる記事ページから、カテゴリページやトップページへの内部リンクが自動的に貼られることになる。

結果として、トップページへのリンクが集まり、クローラーが「ここはリンクがたくさん集まっているから重要なページだ」と評価されやすくなる。

そして、クローラーがブログ内を巡回するときにも、パンくずリストを通ることで階層を移動しながらブログ内部を隅々まで巡回出来て、Googleにインデックスされやすくなる。

ユーザーにとってもクローラーにとってもいいことづくめで、管理者にとっても、はてなブログであればデザイン設定にチェックを入れるだけで表示することができるので、パンくずリストは必ず表示するようにしておこう。

ちなみに僕のブログでは、カテゴリを階層化しているので、それがパンくずリストにも反映されるようにカスタマイズを施している。

カテゴリの階層化がSEO対策的にどういう効果をもたらすのかはわからないが、一応参考記事を貼っておく。

blog.wackwack.net

SEO対策のためのブログカスタマイズ②グローバルナビ

2つ目が、グローバルナビと呼ばれるもの。ヘッダメニューともいう。

具体的にはこれ↓のこと。

f:id:messyer813:20181011121638p:plain

これも結局パンくずリストと同じで、あらゆるページで表示されて内部リンクを作ってくれるので、グローバルナビでリンクを貼った各ページにリンクが集まることになり、そのページが重要なページだとクローラーに評価され、インデックスされやすくなる。

そしてユーザーにとってもメニューとして使いやすい。

ちなみに僕はこのグローバルナビの項目を時々変更しており、以前は左端が「TOP」だったのだが、今は「Sitemap」に変更している。

カテゴリが多すぎてユーザーにとってわかりにくい気がしたので、HTMLでサイトマップを作ってグローバルナビに載せたのだが、SEO対策的にはトップページへのリンクを置いておいたほうがたぶんいいと思う。

HTMLのサイトマップはSEO対策としては何の効果もないので、ユーザーにとってわかりやすいサイトにするためにそうしただけ。

 

ちなみにこのグローバルナビ、スマホやタブレットで見た時はタップで開閉するトグルメニューに変わるように作られているが、以下の参考記事からコードをコピペして作っただけなので、実装したい場合は以下の記事を参照してほしい。

www.yukihy.com

SEO対策のためのブログカスタマイズ③注目記事一覧

3つ目が、注目記事一覧の設置。

これは説明するまでもないと思うが、ブログのサイドバーに出ているやつである。

f:id:messyer813:20181011124751p:plain

これも結局今までのパンくずリストとグローバルナビと同じで、内部リンクを集めるためのもの。

はてなブログでは、管理画面から、

デザイン→カスタマイズ→サイドバー→モジュールを追加→注目記事

で追加することができる。

もうここまでで勘づいている人も多いかもしれないが、ブログ全体をSEO対策に強いサイトにするということは、内部リンクを張り巡らせてクローラーが巡回しやすいルートを作ってあげるということに等しい。

そのため、人気のある記事にさらにアクセスを集めるために、この注目記事一覧の設置がうってつけなのだ。

注目記事の集計方法には、「最近のアクセス」「はてなブックマークの人気順」「はてなブックマークの新着順」の3つがあるが、

検索流入が多い記事にさらにPVを集めたいなら「最近のアクセス」、

人気の記事を固定させて安定的にPVを増やしたいなら「はてなブックマークの人気順」にするのがよい。

ちなみに僕は「最近のアクセス」に設定しているが、統計検定2級の記事がずっと検索の掲載順位1位に居座って検索流入を稼ぎ続けてくれているおかげで、ほぼこの記事が注目記事1位に固定されている。

それによってクローラーの評価が上がってさらに流入が増えるという好循環もあるので、非常にいいことだ。

まとめ

今回はブログ全体をSEO対策に強いサイトにするためのカスタマイズとして、

パンくずリスト、グローバルナビ、注目記事一覧の3つを紹介したが、

結局のところ、ブログ全体のSEO対策のための施策としては、内部リンクを増やしてクローラーが巡回しやすい構造にすることが大切だ。

そのためには、ここで挙げた3つだけでなく、例えば記事中に他の記事への内部リンクを貼るとか、関連記事を表示するとかの施策も大切になる。

そういうクローラーのための道を作ってあげることが、結果的にユーザビリティの向上にもつながり、ユーザーにとって見やすいサイトにもなる。

第1回のSEO対策の基本の記事でも書いたが、SEO対策は、ユーザーとクローラーの両方にアプローチすることが大切なので、その基本を忘れないようにすれば、きっと検索流入も増えるはず。

というわけで、SEO対策記事シリーズは第3回の今回で一旦終了ということにする。

また何か思いついたことがあれば適当に再開するので、続きはそのときに。