荷物持ちでも構わない

文系大学4年生からデータサイエンティストを目指して頑張りつつ、書きたいことを書きたいときに書きたいだけ書く、ルール無用雑記ブログ。

MENU

ビジネスで使える統計講座(統計検定2級対応)の第1回を受講してきた

今日はタイトル通り、「ビジネスで使える統計講座」という、統計検定2級に対応した内容の統計学の講座を受講してきた。

全3回あって、今日はその初回だったのだが、統計検定2級合格を目指している者としていろいろ学ぶことも多かったので、初回の感想をつらつらと書いてみようと思う。

↓統計検定2級について詳しくはこちら↓

www.messyer813.com

ビジネスで使える統計講座とは?

ビジネスで使える統計講座というのは、株式会社アゴラ・ステーションというイベント運営企業が、統計解析ソフトでお馴染みのSASの協賛で開催している、社会人向けの統計学の講座である。

統計検定対応講座 詳細情報|ビジネスで使える統計講座:統計検定2級対応(東京開催) 受講料48,600円(税込)

「ビジネスで使える」という表題だが、内容は統計検定2級の範囲に準拠しており、使用する参考書も統計検定2級の公式参考書がそのまま指定されている。

そのため、統計検定2級の対策として十分通用する内容になっている。

で、この講座、1コマ90分の1日3コマを3日間にわたって学習していくプログラムになっているのだが、受講料がなんと3日間で48,600円もする。

とても学生に出せる金額ではない。

というか、社会人でもポンと出せる金額ではないので、恐らくだが受講者の多くは自費ではなく勤め先のお金で受講していると思う。

そんな高額な講座になぜ僕が参加できたかというと、主催である株式会社アゴラ・ステーション様のご厚意で、学生限定で特別に無料招待していただいて受講することができた。

いろんなところで何度も言っているように、僕は統計学に関してはほとんど独学で、まともに授業を受けたことがないので、非常に貴重な機会をいただけて感謝しかない。

講座の第1回の内容と感想

第1回ということで、講座の内容としては、まず記述統計に始まり、1変量のデータの扱い方から、2変量データや相関関係について触れて、確率論を経て最後に確率分布を学ぶという、第1回にふさわしいような基礎知識をさらった感じになっていた。

僕は既に愛読書である『心理統計学の基礎』や統計検定2級の公式参考書を何度も読み込んで勉強しているし、統計検定2級の過去問も6回分全部解いてしまったので、講義の内容の大半は知っていることだったのだが、それでもすこぶる評判の悪い公式参考書の内容をかなりわかりやすく噛み砕いて説明してくれたし、途中途中で統計検定2級の過去問から問題を引用して演習として解いてみたりもしていて、今まで勉強した内容の復習として非常にちょうどよかったと思う。

ところどころで新たな知識も得られたし、わざわざ早起きして電車で1時間以上かけて会場まで行った価値はあった。

統計検定2級についての今後の予定

この講座は、10月29日(月)に第2回、11月5日(月)に第3回が予定されているのだが、全て受け終わる前にCBT方式で統計検定2級は受験してしまおうと考えている。

上述の通り、過去問は6回分全て解き終わってしまい、正答率6割をボーダーラインとして、5勝1敗という成績だったので、確率的には今すぐ受けてもたぶん受かる。

一応念には念をということで過去問をもう1周解ききってからの受験にしようとは考えているが、遅くとも10月いっぱいまでにはケリをつけたいところである。

というか、何なら来週とかでもいい。

もう勉強を始めて3ヶ月以上経っているので、いい加減サクッと合格して終わりにしたい。

公式参考書と過去問をそれぞれもう1周ぐらいして、自信がついたら受験しよう。

目標は来週中。遅くても今月中。

そのために最後の仕上げとして勉強をがんばらなくては。

まとめ

統計検定2級の講座を受けてきた話。

受講料が5万円弱と非常に高額なので、個人が受講するのはなかなか難しいとは思うが、統計検定2級の受験を考えている人は受けて損はなさそうだなという印象を受けた。

もし興味があれば、そして次回も開催されれば、受講を考えてみてもいいんじゃないだろうか。

それか、学生であれば僕のように無料招待を受けられる可能性もあるので、しっかりアンテナを立ててチャンスをものにすべし。

というわけで、今回はここまで。次こそ統計検定2級の合格報告記事を上げたい。