荷物持ちでも構わない

文系大学4年生からデータサイエンティストを目指して頑張りつつ、書きたいことを書きたいときに書きたいだけ書く、ルール無用雑記ブログ。

MENU

星景撮影が趣味のそこそこアウトドア系大学生がゆるキャン△全部見た

2日前に、突然「ゆるキャン△が見たい」と思い立ち、幸いにもAmazonのプライムビデオでプライム会員見放題の対象になっていたので、3日間かけて全部見た。

僕はサークルの活動で、ド田舎の星がよく見えるところまで遠征して、徹夜で星空を撮影するという割とアウトドアなところがあるので、ゆるキャン△のキャンプの様子には結構既視感があったりした。

今回はそんな感想を垂れ流す記事。

アウトドアブームの火付け役ともいわれるゆるキャン△

ここ数年はアウトドア市場が伸びていて、特にキャンプを代表とする「ライトアウトドア」がブームになっているらしい。*1

物を買うよりも体験を重視するコト消費だとか、インスタグラムのブームだとか、いろいろな要因が考えられているが、その一つとして、ゆるキャン△のヒットも一役買っているそうだ。

実際、ゆるキャン△ではキャンプの様子が事細かに描かれていて、テントや寝袋やコンロといった道具や、野外でもお手軽に作れておいしい「キャンプ飯」の紹介を見ていると、自分も真似してみたくなる魅力を秘めていると思う。

僕はテントを張ってキャンプしたことはないが、コテージを借りてバーベキューをしながら夜中まで過ごしたり、夜に海岸沿いまで出かけて星空を撮影しながら携帯コンロでコーヒーを淹れて朝までゆっくり過ごしたりと、そこそこアウトドア経験は積んでいる方だと思っているので、ゆるキャン△のシーンの端々に親近感を覚えたりした。

もちろん焼きマシュマロもやったことがあるし、なぜかチーズフォンデュもやったことがある。おいしかった。

作中では、キャンプ道具の値段もちょくちょく出てきて、そのたびに主要キャラ達が「高い!!!」と反応するシーンがあるが、あれは高校生の金銭感覚だから高いのであって、大学生以上であれば趣味にかけるお金としてはそこまで高い部類でもないし、「自分でも出来そう」と思わせるような要素がウケたんじゃないだろうか。

しかし、実際は冬の夜を野外で過ごすのはマジで寒い。

「さすがに着込みすぎか?」と思ってからさらに1~2枚着てちょうどいいぐらい寒い。

まあ僕は夜通し撮影して朝になったら電車で帰るという形でしか冬の夜を過ごしたことが無いので、寝袋があればまた変わってくるのかもしれないが、ゆるキャン△の真似をして冬にキャンプをするのは、舐めてかかるとマジで死にかねないのでできればオンシーズンにする方がいいと思う。

主人公(?)のソロキャンパーJKの「しまりん」がかわいい

僕はゆるキャン△の主要キャラたちの中では、ダントツで「しまりん」が好きだ。

「しまりん」こと志摩リンは、自転車や原付で人気のない冬のキャンプ場に出かけては一人でキャンプを楽しむことを愛する孤高のソロキャンパーである。

f:id:messyer813:20181018133844p:plain

©あfろ/芳文社

しまりんは基本的には口数は多くなく、一人で過ごす時間が多いので、作中でも他の主要キャラたちとは別行動を取っていることが多いのだが、独り言というか、心の内を表すセリフは多く、多感なJKらしく感情豊かな女の子である。

その性格からいかにもオタクにウケそうなキャラだし、御多分に漏れず僕も魅了されてしまったわけだが、このしまりんがまあかわいいのだ。

口数の少なさと、実は感情豊かで喜怒哀楽がわかりやすい性格のギャップにやられてしまう。

あと髪が青いところがいい。基本的に青い髪のキャラにやられがち。

ゆるキャン△は、ソロキャンプにこだわっていたしまりんが、少しずつ他の主要キャラたちと打ち解けていき、みんなでキャンプをする楽しさを知っていく、しまりんの成長物語でもあるので、しまりんの魅力に取りつかれてしまった人は多いはず。

オタクは語彙力が足りないのでしまりんの魅力をうまく伝えることができないのだが、とにかくかわいいのである。ゆるキャン△を見てほしい。

まとめ

語彙力が足りなくてうまく感想文が書けないのだが、ゆるキャン△、おもしろかった。

2期もあるらしいので、ぜひ続きも見てみたいところである。

1期はずっと冬だったので、もこもこのマフラーとブランケットに包まれた女の子たちの描写が多く、制作陣の性癖を感じるところも多かったのだが、2期は春夏になるのだろうか。

1期とは一変して薄着になったしまりんたちの姿も見てみたい。

そんなゆるキャン△、なんとAmazonプライム会員ならプライムビデオで見放題。

プライム会員でない人は、30日間無料体験もあるので、この機会に登録してゆるキャン△を見よう!

↓Amazonプライム会員の30日間無料体験はこちらから↓

また、見たいチャンネルだけ登録することで料金を安く済ませられるプライムビデオチャンネルというのもあるらしい。

こちらも無料体験できるので、アニメだけ見られればいいという人はこっちの方がいいかも。

↓プライムビデオチャンネルの無料体験はこちらから↓

*1:矢野経済研究所