荷物持ちでも構わない

文系大学4年生からデータサイエンティストを目指して頑張りつつ、書きたいことを書きたいときに書きたいだけ書く、ルール無用雑記ブログ。

MENU

Pairs(ペアーズ)でマッチングした2人目の女性と初デート!結果は?

今回は、8月から懲りずに続けているマッチングアプリのPairs(ペアーズ) の話。

始めてから2ヶ月強ほどになるが、ようやく2人目とのデートにこぎつけたのでその結果についての記事。

「そもそもペアーズって何?」という人は、ペアーズがどんなアプリかという解説と、簡単な感想をまとめた記事があるので、そちらを参照されたい。

www.messyer813.com

マッチングからデートの予定を取り付けるまで36時間以内という偉業を達成

9月半ばに初めてのペアーズデートをして以来、そのときの相手が「友達に誘われて始めただけで彼氏欲しくない、恋愛経験もない」というドライな感じだったせいでその子とは連絡を取っておらず、

次にデートの約束を取り付けた相手はかなり好みのタイプだったものの他に本命がいたのかキープのような扱いをされたためにこちらから連絡を絶ってしまった。

そのため前回のペアーズデートから1ヶ月ほど空いてしまったが、ようやく2人目とのデートにこぎつけた。

しかも、マッチングが成立してからデートの予定を取り付けるまで36時間以内、つまり1日半以内という手の早さである。

デートの約束まで至っていないだけで、マッチング自体は30人以上しているので、もう「いいね」をばらまいてマッチングが成立するのを待ってマッチングしたら話題を見つけて仲良くなるまでは半ば流れ作業のようになってきた。

その上、今回は相手の方が非常に乗り気で、僕が「ウェブサイトのアクセス解析のバイトをしている」という話をしたら「ぜひ直接話を聞きたい!!」と前のめりになってきたのでそのまますんなりとデートの約束が成立した。

黒髪のショートボブで、僕と同い年の美大生の女の子である。

ルックスは特別タイプというわけでもなかったが、大学の活動で写真を撮っているということで、話も合いそうだったのでとりあえず会ってみることにした。

Pairs(ペアーズ)で知り合った子2人目とのデート当日の内容とその感想

デートの内容はごくごくありふれたもので、適当な駅で待ち合わせをして近くのカフェで2時間ほど雑談してきた。

相手の女の子はトレンチコートにニットにスカートという、比較的僕の好みの服装で現れた。

ペアーズのプロフィールでノースフェイスのコミュニティに入っていたので、服装もアウトドア風な感じだったらちょっと好みとは程遠いなあ、と事前に考えていたのだが、思ったよりもガーリーで僕好みに近かったのはいい点だったと思う。

身長は高めで、169cmの僕とほとんど目線の高さが変わらなかった。

まあ僕は女の子の身長に関して特にこだわりはないし、自分より相手の方が背が高くても相手さえよければ気にしないタイプなので、そこは特に問題ない。

雑談の内容はというと、大学の話、バイトの話、お互いの趣味の話など、これまたごくごくありふれたものばかり。

僕としてはもう少し話していてもよかったのだが、相手が大学に行く用があるとのことだったので、2時間という短めの時間で解散してきた。

デート時間が短かったから相手の反応が悪かったかというと全くそんなことはなく、むしろ次のデートにも積極的で、デートの予定自体はお互い忙しいために1ヶ月ほど先になったが、次は夜に会ってお酒を飲もうという話になった。

また、デート中はずっとお互い敬語で話していたのだが、これから少しずつタメ口で話せるようにしていくこと、次のデートまでにたくさんLINEをすることなどを約束し合っての解散だったので、非常にこちらに対して積極的で前向きな印象だったと思う。

付き合うことになるかどうかまではまだ何とも言えないが、少なくとも初デートとしては成功と言っていいはずだ。

腕時計が好きだったり、ゴルフ経験があったりと、意外な共通点も多く見つかったので、今後のLINEでのやり取りや次回のデートも楽しみだ。

まとめ

ペアーズで知り合った女の子とのデートはこれで2人目になるが、1人目に比べれば遥かに調子のいいデートだったと思う。

というか、1人目はそもそも僕と恋愛関係に発展する気がさらさらなさそうだったので、もはやノーカウントでもいいぐらいだ。

大学での活動が忙しいらしいので次に会うのはしばらく先になるが、LINEでのやり取りは継続して仲良くなっていければいいなと思う。

↓僕が女の子と知り合ったマッチングアプリのPairs(ペアーズ) の登録はこちらから↓