荷物持ちでも構わない

文系大学4年生からデータサイエンティストを目指して頑張りつつ、書きたいことを書きたいときに書きたいだけ書く、ルール無用雑記ブログ。

MENU

Google Analyticsはスクショ画像公開OK?社内でも意見が分かれる模様

Googleアナリティクスのスクリーンショット画像やデータの数値をブログなどで公開するのは規約違反にあたり、Googleからお叱りを受けるという噂がある。

実際、ネットで調べてみると、掲載していた画像を消されてしまっただとか、アナリティクスのスクショ画像を掲載していたことでアドセンスのアカウントを止められてしまっただとか、そういった体験談も散見される。

そこで、Googleアナリティクスのスクショ画像やデータを個人ブログで公開することは本当にNGなのか、アナリティクスのサポートチームに電話して直接確認してみたというのが今回のお話。

「Googleアナリティクスのスクショ画像は掲載OK」という記事が既にある

事の始まりは、Googleアナリティクスについての記事を書こうと思い立った時に、上述の「スクショ公開NG」の噂を思い出し、スクショなしの文章だけの解説なんか書いたところで何の役にも立たないじゃん、と考えたこと。

試しに「Googleアナリティクス スクリーンショット」で検索してみると、以下の記事が掲載順位1位に表示されていた。

halohalo.space

今年の7月26日に更新された比較的新しい記事で、しかもこの記事では、直接Googleの担当者から「スクショ公開OK」という返事をもらっている。

なんだ、スクショ公開は利用規約違反でもなんでもないんじゃないか。

とは思ったものの、実際にスクショ画像を消されたという記述を見たことがあるのも事実。

どちらが正しいのか気になったので、僕もGoogleの担当者に直接聞いてみることにした。

Googleアナリティクスの担当者から来たメールは「スクショ公開NG」!

というわけで、まずはメールで問い合わせをしてみたのだが、僕が送った質問と返ってきた回答の文章をそのまま載せる。

【お問い合わせ内容】
個人でブログを運営しており、アナリティクスとサーチコンソールとアドセンスを利用しています。
ブログで公開している記事の中に、これらのサービスのスクリーンショットを掲載したり、サービスの数値(ページビューや収益金額など)を表記することは規約違反にあたりますか?

【回答】
この度はお問い合わせいただきまして、誠にありがとうございます。
結論から申し上げますと、サービスの数値(ページビューや収益金額など)をホームページやブログに表記することは規約違反に該当する状況でございます。
Google アナリティクスの利用規約に具体的な記載がございますので、ご確認いただけましたら幸いでございます。
またGoogle Search ConsoleとGoogle AdSenseにつきましては、大変恐縮ですがこちらの窓口ではサポートできかねる状況でございます。

 

なんと、Googleアナリティクスの担当者によると、アナリティクスのデータ(数値、スクショ含む)をブログに公開することは規約違反にあたるという回答だった。

上で貼った記事では「スクショ画像公開OK」という返事をもらっているのに、話が違うじゃないか。

一体どちらが正しいのか、全くわからない。

そこで、真相を確かめるため、電話で再度問い合わせしてみることにした。

結局、Googleアナリティクスのスクショ画像の公開はOKなの?NGなの?

アナリティクスの問い合わせから電話をすると、Google広告のサポートチームに繋がった。

どうやらアナリティクスと広告(旧アドワーズ)の窓口は同じらしく、「アナリティクスの利用規約について聞きたい」と言うと、アナリティクスの担当者から後日折り返し連絡してもらうということになった。

そこで、僕が質問したのは以下の2点。

  1. Googleアナリティクスのスクショ画像の公開について、利用規約違反という回答と、利用規約違反ではないという回答があったという記事が見つかるがどちらが正しいのか
  2. 利用規約違反にあたる場合、画像や数値を加工したものを公開することも利用規約違反にあたるのか

スクショ画像の数値部分を隠したり、数値を四捨五入して公開したりといったことすらも規約違反にあたるとすれば、ブログでGoogleアナリティクスについて書くのはほぼ不可能になるので、その辺も合わせて聞いてみた。

ここまでが、先週の木曜日(10月18日)の話。

Googleの回答は、スクショ画像も数値も公開OK!noteでの販売もOK!しかし……

回答の電話があったのが、昨日(10月22日)の11時頃。

結論から言うと、「法人ではなく個人ブログであれば、スクショ画像も数値も公開OK」という話だった。

しかし、問題なのが、この結論は、問い合わせに回答してくれたGoogleの担当者の見解であって、Google全体では明確な基準を持っていないということ。

つまりどういうことかというと、今回回答してくれた担当者は、「私が利用規約を読み下す限りでは、スクショ画像公開OK」という回答の仕方だった。

そこで僕が、「Googleの社内で明確な基準があるわけではなく、利用規約の解釈の問題ということでいいのか」と訊ねたところ、「はい」との回答だった。

メールの回答でスクショ画像の公開が利用規約違反にあたると言われたのは、そのメールを出した回答者の利用規約の解釈では公開NGだった、という話である。

そのため、Googleアナリティクスのスクショ画像や数値を個人ブログで公開することは問題ないと言われたものの、それが利用規約違反として消される可能性がゼロではないということだ。

また、noteなどでGoogleアナリティクスについて書いた記事を販売して利益を得ることについてもついでに聞いてみたが、「noteでの販売はOKだがそれによる不利益に対しては補償しかねる」とのことだった。

それから、サーチコンソールやアドセンスに関してはアナリティクスチームからは回答できないとのことだったので、これらのデータを公開することがOKなのかNGなのかはわからない。

これらについては別途問い合わせが必要ということになるが、恐らく同じく利用規約の解釈次第という回答になるか、アドセンスについては公開NGになるか、といった感じになると予想される。

世界的に使われているサービスなのだから、回答者の利用規約の解釈如何で決まるものではなく、社内で統一的な基準を設けてほしいものである。

まとめ

Googleアナリティクスのスクショ画像公開について、メールと電話で2回、Googleの担当者に直接問い合わせて見たところ、メールの回答は「スクショ公開NG」、電話の回答は「スクショ公開OK」という真っ二つの回答に分かれた。

そして、なぜそんなことが起こるのかというと、Google社内で統一的な基準がなく、回答者の利用規約の解釈に任されている形になっているから、ということだった。

Googleアナリティクスのスクショ画像や数値を個人ブログで公開することは一応問題ないようだが、万が一消される可能性もなくはないので、データを公開するときは、Googleからペナルティを受けることを覚悟しておいた方がよさそうだ。

でも一応「スクショ公開OK」の回答はもらえたので、今後気が向いたらGoogleアナリティクスについての記事も増やしていこうと思う。

というわけで、今回はこの辺で。