荷物持ちでも構わない

文系大学4年生からデータサイエンティストを目指して頑張りつつ、書きたいことを書きたいときに書きたいだけ書く、ルール無用雑記ブログ。

MENU

月間1万PV程度の弱小雑記ブログでも企業案件の依頼は意外と来る

2月13日に開設され、7月初旬に独自ドメインを取得し、10月に(ほぼ)月間1万PVを達成したこのブログ。

11月に入ってからも順調にPVと収益が伸び続けていて管理人としては嬉しい限りなのだが、実は水面下で企業案件の依頼が来ていたりする。

今回はその企業案件についての話と、企業案件の依頼に対するこのブログのスタンスについての話。

10月末に1件、11月初旬に1件の合わせて2件の企業案件が来ていた

実はこのブログ、10月末に1件、11月初旬に1件の合わせて2件の企業案件が舞い込んできていたのだ。

どちらもこのブログに設置しているお問い合わせフォームからの連絡だった。

10月末に来たのは、とあるアプリの運営企業からの連絡で、「アプリの新規会員登録のアフィリエイトに興味はないか」というものだった。

記事を書いてほしいという依頼ではなく、成果報酬型のアフィリエイトの勧誘というわけである。

成果報酬型のアフィリエイトなら大手ASPにいくつも登録しているので別に困ってはいないし、そのアプリの内容的にどうがんばっても僕にはそのアプリを紹介する記事は書けそうになかったので、その案件はお断りした。

 

そして今月に入ってからもう1件連絡があり、今度はとあるソフトウェアの開発をしている企業からの連絡で、「うちで販売しているソフトを提供するからレビュー記事を書いてほしい。報酬も出す。」という、記事の執筆の依頼だった。

有償ソフトウェアが無料でもらえて、しかも記事を書くだけで報酬までもらえるなんて、こんな弱小雑記ブログに舞い込んでくる依頼としては虫が良すぎるのではないかと疑ってしまったのだが、調べてみたところそこそこ大きな会社で評判もよく、どうやら信用してよさそうだった。

ということで、この記事の執筆の依頼は受けることになった。

既にレビュー対象のソフトウェアのライセンスはもらっており、インストールして実際に使ってみるところまで済んでいるので、あとはレビュー記事を書いて上げるだけという段階である。

数日以内に投稿する予定なので、お楽しみに。

ちなみに報酬はAmazonギフト券でもらえるらしいのだが、ちょっと簡単には口に出せないぐらいの金額がもらえることになっている。

月間1万PV程度の弱小ブログでも、(ほぼ)毎日更新しているとこういう依頼も来るのだと知ることができた。

弊ブログ「荷物持ちでも構わない」の企業案件に対するスタンスについて

弊ブログの企業案件に対するスタンスについての、ちょっと真面目なお話。

「荷物持ちでも構わない」は、企業案件、記事の執筆の依頼については、お問い合わせフォームからご連絡いただければ必ず何かしらの対応は返します。

受けるかどうかは、その案件の内容によりますが、一つだけ絶対に曲げたくない条件として、

記事の執筆の依頼は、「企業から依頼があった」ということを明示した上で書きます。

その条件さえ飲んでもらえれば、有償、無償関わらず、僕が書けそうだと判断すれば記事の依頼は受けます。(でもできれば報酬は欲しい)

僕の企業案件に対するマイルールはその一点だけ。

商品を提供されて、報酬ももらって、さも自分が買った商品を紹介するかのように宣伝する、いわゆるステマ的行為はしたくないのだ。

まあなんにせよ、案件の内容を見てみないことにはどうにも判断がしづらいので、このブログを見てくださっている企業の広報担当の方々は、ぜひ、お問い合わせフォームの方からどしどし依頼を送ってください。

月間1万PV程度ではなかなか報酬ありの依頼は舞い込んでこないと思うけど。

まとめ

企業案件が急に2件も来たので、喜びつつも戸惑い気味。

2件目の執筆依頼については、数日以内に、企業から依頼があったことを明示した上でレビュー記事を書いて投稿するので、よろしくお願いします。

ただの雑記ブログでも、コツコツ続けていけばいろんな人から見てもらえるんだなあと感じた話でした。おしまい。