荷物持ちでも構わない

文系大学4年生からデータサイエンティストを目指して頑張りつつ、書きたいことを書きたいときに書きたいだけ書く、ルール無用雑記ブログ。

MENU

SONYのワイヤレススピーカー SRS-HG10 レビュー!音ズレなし!音質が凄い!

新居に引っ越して、今までの壁の薄い学生マンションから、防音バッチリの角部屋になったので、自分への引っ越し祝いとして、スピーカーを買ってみた。

それが、今回紹介する、ソニーのワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-HG10」である。

価格はAmazonで22,000円。色はブラックにした。

ソニー「SRS-HG10」は充電式のワイヤレススピーカー

ソニー「SRS-HG10」は、充電式のワイヤレスポータブルスピーカーで、重さは700g、一番長い辺が20cmぐらいとコンパクトな作りになっている。

正直、欲しかったのは単なるワイヤレススピーカーであって、ポータブルスピーカーと言われてもどこに携帯すんねんって感じなので基本的には部屋に置きっぱなしで充電コードも繋ぎっぱなしにしておくつもりなのだが、ワイヤレスポータブルスピーカーの名前の通り、携帯するにも楽な大きさと重さだと思う。

出張が多い人なんかは持ち運んでビジネスホテルで使ったりするのだろうか。壁が薄くて使えなさそうだけど。

ちなみにバッテリーの方は、カタログスペックによると、「5時間の充電で12時間使用可能」とのこと。

これも充電コード繋ぎっぱなしの僕にはあまり関係のない情報だが、外に持ち出して使うにしても12時間もバッテリーがもつのなら十分なんじゃないだろうか。

ハイレゾ音源じゃなくても高音質に補正してくれる

ソニー「SRS-HG10」には、CD音源やmp3ファイルなどのハイレゾ音源じゃなくてもハイレゾ音源並の高音質に補正してくれる機能が搭載されており、音源自体にお金をかけることなく高音質で音楽を楽しむことができる。

加えて、「Extra Bass」というボタンを押すと低音域が強調され、身体に響くようなバスドラムの音を楽しめる。

ハイレゾ音源並の高音質と「Extra Bass」によって、小さなワイヤレススピーカーでありながらライブハウスのような迫力を感じることができるのだ。

もちろんイコライザ機能も搭載されており、イコライザをいじることで自分好みの音質にすることも可能。

小さいながらも高機能で音楽を楽しむのに十二分のスペックを備えている。

Wi-FiとBluetoothの2つの方法で接続できて、Chromecastでストリーミングサービスにも対応

ワイヤレススピーカーということで、当然ワイヤレスで音源と接続することができるわけだが、方法としてはWi-FiとBluetoothの2つがある。

Wi-Fiで繋ぐ場合は、パソコンやスマホが繋がっているWi-Fiにそのままスピーカーを接続すればよい。

さっきパソコンでYouTubeを見ようと思ったら自動的にスピーカーに接続されてスピーカーから音が出たのでちょっとびっくりした。

Bluetoothで繋ぐ場合は、最初にBluetoothのペアリング設定をしておけば、あとはいつでもBluetoothで接続できるし、XperiaなどのAndroidスマホであれば、NFC(おサイフケータイのやつ)でスマホをスピーカーにかざすだけでBluetoothで接続できる。

さらには、Googleが提供するChromecastという機能を使うことで、SpotifyやGoogleplayミュージック、Amazonミュージックなどのストリーミングサービスを音源としてスピーカーから音楽を流すことも可能。

とにかくなんでも音源にしてワイヤレスで音楽を楽しむことができてしまうスゴイヤツなのだ。

ワイヤレスでも音ズレなし!音楽だけでなく動画再生にも使える

僕はこのソニー「SRS-HG10」を、音楽を聴く以外の用途で使うつもりは全くなかったのだが、「動画見るときに音ズレしないかどうかテストしてくれ」という要望を受けたので、動画再生にも使ってみた。

そのテストが上述のパソコンでYouTubeを見たときの話なのだが、結論から言うと音ズレは全く感じられなかった

ちなみにテストに使ったのは、東京03公式チャンネルで配信されているコント「救世主」の動画。


東京03 - 「救世主」 / 『第13回東京03単独公演 「図星中の図星」』より

もう10回以上見ているコントなので、音ズレしていたら気づくはずだし、少なくともコントを見る分には音ズレは全く気にならない。

もしかしたらゲーム実況とかだと気になる場面もあるかもしれないが、あったとしても数フレーム程度で、ほぼ音ズレはないといっていいんじゃないだろうか。

環境にもよるとは思うものの、ワイヤレスだからと言って遅延が発生するということはほぼなさそうである。

まとめ

スピーカーを買うのは人生で初めてだったのだが、せっかく新居で防音バッチリになったことだし、ということで奮発して2万円以上するいいやつを買ってしまった。

ソニー製を選んだのは、スマホがXperiaで音楽プレイヤーがウォークマンだから。

でも音質は最高にいいし、音ズレもないし、Amazonミュージック対応でいろんな曲が流せるし、買ってよかったと思っている。

本当に音質にこだわるのなら有線の二桁万円とかするやつを買うべきなんだろうが、僕は3000円のイヤホンで満足できるぐらいの耳の持ち主なので、2万円のスピーカーは十分すぎる。

もし今後新しくスピーカーを買おうと考えている人には、このソニー「SRS-HG10」は最高にオススメ。

Xperiaやウォークマンなどのソニー製品を使っている人は特に。

今までは家にいるときに音楽を聴くことはほぼなかったのだが、これからはスピーカーを使って快適な音楽ライフを送ろうと思う。