荷物持ちでも構わない

文系大学4年生からデータサイエンティストを目指して頑張りつつ、書きたいことを書きたいときに書きたいだけ書く、ルール無用雑記ブログ。

MENU

クラウドワークスで副業ライター始めました。隙間時間で副収入ゲット

最近バイト先で社内ニートしていて仕事がなく、バイト以外でやることと言ったら自主的な勉強と卒論のための研究ぐらいで、暇な時間が増えてきたので、CrowdWorks(クラウドワークス) で副業ライターを始めてみた。

クラウドワークスの登録自体はずいぶん前に済ませていたものの、なかなか仕事がもらえず悶々としていたところ、ようやく昨日初めての契約を結んでもらえたので、今回はそういうお話。

クラウドワークスとはクラウドソーシングのマッチングサイト

そもそもクラウドワークスとは何ぞやという話をすると、クラウドワークスとは、クラウドソーシングのマッチングサイトである。

簡単に言うと、仕事を外注したい企業や個人事業主と、仕事を探しているフリーランサーや主婦やその他副収入が欲しい人などをマッチングして、クラウドソーシングの仲介をするサービス。

扱っている案件はかなり幅広く、1回10円とかのアンケートから、常駐で月数十万円というプロを求める求人まで、いろいろなものがある。

隙間時間で手軽にちょっとだけ稼ぎたい主婦から、プロとしてフリーランスで稼いでいる人まで、様々な人が対象になっているようだ。

ブログとバイトの経験を活かして副業ライターを始めることに

で、僕は元々アルバイトでアクセス解析をやっていて、Googleアナリティクス個人認定資格を持っていることもあり、アクセス解析の仕事があれば、と思って登録したのだが、アクセス解析なんて重要な仕事をクラウドソーシングに出す求人はなかなか無い。

そんなわけで、仕方ないのでブログとバイトの経験を活かせるライターの仕事を探すことにした。

ライターの仕事は大体文字単価で、1文字0.5円~1円ぐらいが相場。

で、今回僕が受けたのは、1文字1.2円~の相場よりやや高めの案件で、仮想通貨に関する記事を書く仕事。

契約は済んだものの、まだクライアントからの報酬の仮払いがされていないので、仕事には手を付けていない。

報酬未払いで踏み倒すクライアントが多いらしく、報酬の仮払いがされるまでは業務を始めるなとクラウドワークスから言い聞かされているので大人しく待っている状態。

まあ仮想通貨についてのライティングであれば慣れたもので、知識も経験もあるので、仮払いが済んだら1日2日もあれば1記事ぐらいサラッと書けるんじゃないかなと思っている。

ただ、こんな個人運営の雑記ブログと違ってお金をもらって文章を書くお仕事なので、当然書き始める前の情報収集も自分でしなきゃいけないし、時給換算したらあまり割のいい仕事ではないと思う。

今やっているアルバイトが時給1,300円なので、出勤日数を増やせれば一番よかったのだが、出勤しても仕事が無く、社内ニートとして暇を潰すだけの時間が多くて苦痛だし、あまり出勤日数を増やしてしまうと他の事ができなくなって大変なので、空いた時間に自宅でできるクラウドワークスを選ぶことにした。

月5本がノルマなので、1本3,000字として、5本で15,000字、1字1.2円として月18,000円。

なかなかバカにならない収入源になるんじゃないだろうか。

あくまで月5本はノルマなので、その気になれば10本納品して月36,000円を稼ぐこともできるし、卒論が片付けば春休みの間はバイトか勉強か趣味しかすることがなくなるので、クラウドワークスで荒稼ぎするのもいいかもしれない。

そもそもなぜクラウドワークスで仕事を始めたかというと、都内に引っ越したせいで家賃の負担が半端なく、限界までバイトを入れてもバイト代のほとんどが家賃で吹っ飛ぶという現状なので、少しでも収入を増やしたくて始めた。

ライターの仕事に時間を割かれる分、勉強のための時間が犠牲になりはするが、そうは言っても家賃が払えないと生活できないので仕方ない。

とりあえず目標は、副業ライターで月収2万円。

バイト代が8~10万円なので、合わせて10~12万円。

これだけあれば家賃を払っても余裕のある生活ができる。

春休みに卒業旅行に行くとかそういう予定は特にないので、春休みはひたすら仕事と勉強に打ち込むのもいいかなと考えている。

卒論の提出が終わったら内定先でバイトをすることになっていて、時給は1,200円に下がるものの、バイトを頑張ればその分正社員になってからの評価にも繋がるので、なるべくたくさん出勤して早く仕事を覚えたいところ。

2~3月は、バイトで月12万円、副業ライターで月3万円ぐらいを目標にしたい。

東京で豊かに暮らすにはそれ相応の収入が必要なのだ。

まとめ

クラウドワークスで副業ライターを始めてみた話。

契約自体は完了したので、あとは報酬の仮払いを待つのみなのだが、いつになるのだろうか。

もしかしたら月曜まで待つことになるかもしれない。

仮払いを待たずに記事を書いてしまってもいいが、それで踏み倒されても嫌なので、大人しく待とうと思う。

ブログでも文字を書き、仕事でも文字を書き、僕は一体どれだけの文字を書くつもりなのだろうか。

まあ好きだからいいんだけど。

というわけで、今回はこの辺で。続きは記事を納品したときにでも。