荷物持ちでも構わない

文系大学4年生からデータサイエンティストを目指して頑張りつつ、書きたいことを書きたいときに書きたいだけ書く、ルール無用雑記ブログ。

MENU

48日間特茶を飲み続けたら痩せる?運動も食事制限もしないダイエット

僕は大学に入って最初の健康診断(18歳)で体重が50kgだったのが、それから3年半ほど経った今(22歳)では体重が73kgにまで増えた。身長は169cm。

たった3年半で+23kgというとんでもないデブ化を遂げてしまったのである。

2015年4月1日の体重を50kg、2018年12月9日の体重を73kgとすると、3年と8ヶ月と8日、365×3+30×8+8=1343日で23kg(23,000g)増えたことになる。

平均して1日17gずつ増えているらしい。

このペースで今後も体重が増え続けるとすると、2023年の4月には100kgに到達する。

たぶん100kgに到達する前に内臓を壊すと思うのでさすがに100kgには届かないだろうが、80kgぐらいなら平気で超えてしまう可能性は十分にある。

これはさすがにやばい。

ということで、今回はダイエットの話題。

そもそもなぜ3年半で23kgも増える事態になったのか

受験期~大学入学時 54kg→50kg(-4kg)

そもそもの話、大学に入ってすぐの健康診断で50kgだったのが痩せすぎていたという節はあり、高校生の頃は54kgほどだった。

それが受験のストレスでやせ細った結果、大学に入学したときには50kgまで落ちていたというわけである。

そのため、54kgあたりまで増えたのは、痩せすぎていたのが元に戻っただけなので、むしろ健康な太り方と言える。

大学1年~大学2年 50kg→58kg(+8kg)

しかし問題はそこからで、大学2年の健康診断のときには58kgまで増えていた。

原因は、ほぼ当時アルバイトしていた飲食店の賄いである。

僕は昔から、体型の割によく食べる方で、かつ食べても太らない体質だったので、前日の営業で余った米などの処理係としてバイトのたびにとんでもない量の賄いを食べていたのだ。

まあ食べても別に太らないし、と思っていたし、実際バイトを始めた当初はほとんど体重は変わっていなかったのだが、1年も経つと、年齢による代謝の低下のためか、度を超えた暴食が食べても太らない体質に勝ってしまったのか、いつの間にか体重58kgにまで増えていた。

それでも身長から比べたら体重は軽い方だったし、体型もほとんど変わっておらず、服のサイズにも影響はなかったので、そこまで気にしていなかった。

ただ、さすがに1年で8kg太ったことに対する危機感はあったので、3ヶ月ほど市民プールに通って泳いだり歩いたりして、55kgまで体重を戻した。

ほぼ高校生の頃と同じ体重まで戻し、しかも食事制限ではなく水泳という全身運動でのダイエットだったので、脂肪を落として筋肉をつける、理想的なダイエットに成功したのだ。

大学2年~大学3年 58kg→62kg(+4kg)

が、その努力もつかの間、大学3年になる頃には体重は62kgに達していた。

当然、今までの人生で一番重くなっている。

原因は恐らく、自炊をしなくなったことによる食生活の乱れ。

ただ食生活が乱れただけならともかく、家の近くのコンビニに週6ぐらいで通い詰めてはほぼ毎日のようにスナック菓子や甘いものを食べていたので、そりゃ太っても仕方ないという生活を続けていた。

結果、大学3年に上がってすぐの健康診断ではついに人生で初めて60kg台に乗り、62kgという自己最高体重をマーク。

60kg台という今までに上がったことのないステージに立った僕は、さすがに太りすぎだなと焦りはしたものの、特に運動もせず、食生活も改善せず、それどころか就活のストレスでより暴食が悪化していたのだった。

大学3年→大学4年 62kg→68kg(+6kg)

就活の失敗、元カノとの破局、発達障害の発覚、うつ病の発症、抗うつ剤の副作用など、様々な要因が重なって身も心もズタズタにされていた僕は、大学4年になると体重68kgまで太り続けていた。

元々ストレスを食で解消するところがあるのに、抗うつ剤の副作用で食欲が増しており、うつ病でご飯を買いに外に出るのも億劫だったので、食事は夜一食だけ、しかもピザやマックなどの高カロリーな出前を取って1日分ドカ食い、という誰がどう見たって太るに決まっている生活を続けた結果、大学4年の健康診断の頃には68kgまで増えていた。

服のサイズは相変わらず変わっていなかったが、この頃にはバイト先の社員や親に「太った?」と言われるぐらい顔が丸くなっていた。

どう考えたって今の生活習慣を続けたらまずい、とわかってはいながらも、ただでさえうつ病で何もかもがつらいときにダイエットなんてストレスの塊のような行為をしようものならうつ病がさらに悪化するとしか思えなかったので、特に生活習慣を改善することはしなかった。

~現在 68kg→73kg(+5kg)

そして現在に至り、都内に引っ越してからスーパーが家から非常に近くなったのと、うつ病が少しずつ快方に向かっていることも手伝って、食生活はだいぶマシにはなったのだが、特に運動も食事制限もしておらず、相変わらず夜一食のみという生活なので、体重はさらに増え続け、70kgの大台も突破して現在73kg。

BMIにして25.5。BMIは25以上が「肥満」にあたるので、今の僕は「肥満」である。

もっと直接的な言い方をするとデブである。

普段着る服のサイズは変わっていないのだが、明らかに顔から足まで全身の脂肪が増えた。

ズボンのウエストは今まで28インチのものを履いていたので、試着せずに28インチのデニムを買ったら入らなくなっていた。

就活用に買ったスーツはもはや着れなくなっていたので、わざわざ新調した。

最近通販で指輪を買ったら、1年前に元カノとお揃いで中指につけていてスカスカだった11号の指輪が無理やりねじ込んでギリギリ入るぐらいになっていた。

腹の肉がつっかえるせいで、立ったまま靴下を履くのが難しくなった。

そんな感じで、3年半の僕を知っている人からしたら恐らく考えられないぐらい、今の僕はデブになった。

標準体重の範囲ならまあ気にすることもなかったが、BMIで肥満と言われてしまってはさすがにこのままでいるわけにはいかない。

ついにダイエットを始めるときがやってきたのだ。

うつ病患者なのにダイエットなんてストレスのかかるものは無理!!

しかし、僕はうつ病患者である。

そろそろ通院を始めて10ヶ月ほどになるし、障害者手帳の申請もした。

そんな人間が、ダイエットなんてストレスのかかるものを始めようものなら、どれだけ体調が悪化するかわかったものではない。

元々運動は嫌いだし、大食いだし、甘党なので、運動も食事制限もしたくない。

ではどうやってダイエットをするか?

というわけで、ようやくここで、タイトルにある特茶が登場する。

48日間、特茶500mlを毎日欠かさず飲み続けたら人はどれだけ痩せるのか

運動も食事制限もせずにダイエットをするには、他の方法で脂肪を分解するしかない。

脂肪を分解してくれるものと言えば、そう、トクホでおなじみ、脂肪を分解してくれるお茶、「特茶」である。

Amazonで、サイバーマンデーセールに合わせてポイント還元率アップキャンペーンが開催されているのだが、それの参加条件が期間中に「1万円以上の買い物をすること」だったので、何かちょうどいい金額のものはないかなーと探していたところ、特茶が500ml×48本で7000円だったので買ってみた。

僕は元々特茶が飲み物として好きでよく買って飲んでいるので、「運動も食事制限もせず、特茶を48日間飲み続けたら人は痩せるのか」という実験を自らの身体で行ってみることにした。

実験方法はいたってシンプルで、ただ毎日1本ずつ特茶を飲み続け、体重を記録していくだけ。

今日12月9日を1日目とし、スタート時の体重73kgから、48日後の特茶を飲み切ったときにどれだけ体重が変化したかを測定する。

実験中は、運動も食事制限も特にするつもりはなく、今まで通りに生活するつもりなので、これで体重が減ったとしたらそれは特茶のおかげということになる。

もし特茶を毎日飲み続けるだけで痩せるとしたら、おいしいお茶を飲んでいるだけでダイエットができるということになるので、今後も特茶を箱買いして飲み続けようと思う。

逆に体重が減らなくても、特茶はおいしいので箱買いはせずとも買い続ける所存。

サントリーも僕も不幸になることのない安心安全な実験である。

まあいくらトクホと言えど勝手に脂肪がなくなっていくほどの効果はないと思うのであまり期待はしていないし、もし痩せなくても特茶側に非はないと思うのだが、やるだけやってみるということで。

もし効果が表れたら、中間報告的に記事を上げたりもするかもしれない。

どっちかというと、特茶ダイエットを始めたことで深層心理にダイエット意識が植え付けられて、自然と食事を控えるようになったりする間接的な効果に期待している。

そういうのを「交絡」と言って実験においては好ましくないものなのだが、あくまで目的はダイエットなので、痩せさえすれば何でもいい。

途中で運動したくなって運動しても、それは特茶ダイエットを始めたことによる効果なので、特茶のおかげということにする。

こうなるともはや実験でもなんでもないが、まあ最終的に痩せられればおっけーということで。

まとめ

48日間の特茶ダイエットの開幕である。

一応目標としては、2月下旬頃に大学のサークルの卒業生送別会があり、全員パーティ衣装で出席するので、そこでスーツをかっこよく着こなせるぐらいには痩せていたい。

つまりあと3ヶ月で10kgぐらいは落としたい。

どう考えても特茶だけで達成するのは無理な数字なので、目標はあくまで目標。

48日後の僕に期待が高まる。

スーパーサイズ・ミー [DVD]

スーパーサイズ・ミー [DVD]